土壌汚染調査で有害物質を見抜け|行なうべき工事

注意が必要

重機

本当にその地盤で大丈夫か

住居用の建物を建築する場合、地盤調査をする必要があります。地盤調査は普通は建築会社が行うのですが、その理由をご存知でしょうか。建築基準法に住宅を建築してから10年以内に起こった瑕疵については責任を負わなければならないという決まりがあるからです。例えば、土地に瑕疵があり、その土地に住宅を建築してから少しずつ住宅が傾いてきた場合などは不動産の買主が修理をするわけではなく、その住宅を建築した建築会社が責任を負わなければならないのです。この決まり自体は特におかしな決まりではありませんが、実際に建築会社の中には十分な地盤調査をしない建築会社もあるのです。つまり、地盤調査はせずに、土地についてはなんら問題ないと買主に伝える業者です。

理由はわかるが法律順守はするべき

確かに、もともとその土地に建物が建っていた場合はわざわざ調べる必要はないのかもしれません。また、もし調べてみて瑕疵が見つかった場合は地盤改良をしなければなりませんので、お金がかかってしまいます。余計な出費をするぐらいならほかの土地を選ぼうとする買主が契約を解除する可能性もあります。建築会社からすれば、家がなかなか売れないご時世にそのような面倒なことにならないようにしたいという気持ちはわからなくもないのです。しかし、良心的に考えて、顧客の住宅で瑕疵があったため顧客は頭を抱えているかもしれません。いくら瑕疵に対する責任があると言っても顧客としては瑕疵なんかないほうが良いに決まっているからです。このように会社都合を第一に考えている建築会社よりも顧客都合を第一に考えれている会社を信頼するべきです。