土壌汚染調査で有害物質を見抜け|行なうべき工事

災害から身を守る

工事

地盤調査の義務について

これは建築基準法で定められたもので、住宅を建てる場合には地盤調査を行い必要に応じて地盤改良を行わなければならないというものです。もし、自分について調べずに住宅を建築した後、10年間の間に地盤が原因で住宅が傾いたり壊れるようなことがあれば、その家を建築した建築会社が責任を負わなければならないということです。ですが、法律の定めはともかく、そこにかつて住宅があった場合は何の問題もなく家が立っていたわけなのでわざわざ地盤調査をする必要がないと考えている業者もいるようです。しかし、今では法律で定められているので、きちんと調査をするように心がけましょう。

やはり法律を守るべき

なぜ建築会社は地盤調査に消極的なのかと言えば、地盤調査をして、もしその土地の地盤が軟弱であれば、地盤改良工事をしなければなりません。ですが、当然地盤改良するにも数百万円のお金がかかるためその土地を購入しようとしていた見込み客も地盤改良をするぐらいなら別のところに土地を持とうと考え、契約に至らない可能性があるのです。そこで、地盤調査をする前に地盤は大丈夫ですと見込み客に伝えてしまう建設会社もあるのです。前の住宅が立っていた時に何の問題が起きていない事は地盤調査をする必要のないことの根拠になりそうですが、やはり法律で決められていることであれば地盤調査をしておくべきです。もし、建設会社に地盤について聞いた時に実際に行った地盤調査の結果表を見せてもらうようにしましょう。