土壌汚染調査で有害物質を見抜け|行なうべき工事

安全を確保する

男の人

地盤調査は建物の種類によって異なります

どんなに立派な家屋を建てても地盤がしっかりしていないと沈下して住宅が傾いてしまいます。地盤調査は、永年住み続けるためには必ず行わなければなりません。地盤調査にはいくつか種類があります。木造住宅の場合には、スゥエーデン式サウンディング調査があります。先端にキリ状の器具を付けたもので地表を削り、地下で何回転して地下へ器具が埋まるかを調べ、地盤の強さを調査します。通常、建物の四隅と中央部分の5箇所を調べます。この調査は、建物の形状や配置が決まらないと行うことができません。古い家屋の地盤を調べるためには一度更地にする必要があります。費用は5箇所を調査して5万から10万ほど掛かります。一般的な家屋の地盤調査はこの方法が比較的経済的です。

正確さの重要度によって費用が違います

RC構造の建築物の地盤調査の場合、一般的にはボーリング調査が行われます。先端にサンプラーを取り付け、63.5キロの重りを76センチの高さから自然落下させます。30センチ埋まるまでの打撃数から地盤の耐久性を調べます。先端のサンプラーのパーツによって地下の土を採取することができ、砂質土や粘土といった地質を調べることもできます。木造住宅用の調査と比べると費用が高いのですが、より正確に地盤を調べることができます。その他には表面波探査法があります。振動波を地表から地中に送り、反射時間で地盤の硬さがわかります。スゥエーデン式サウンディング調査よりも正確に調べることができ、費用はボーリング調査よりも経済的になっています。